スマホメニューを開く

レッスン内容

YOGAサロン Sisでは、アーユルヴェーダ式ヨガを行っています。
季節や時間帯による心や身体の変化をアーユルヴェーダ式に考え、シークエンスを組んでいます。
レッスンのレベル(運動量や難易度)を、5段階で表記しておりますが、すべて初心者の方でも受けていただける内容となっております。

アーユルヴェーダとは

「アーユルヴェーダ」とは、5,000年前に古代インドで誕生した伝統医学です。
そう聞くととても難しく感じるかもしれませんが、よく耳にする「デトックス(解毒、浄化)」や「アンチエイジング(若返り)」は、このアーユルヴェーダを基に考えられていて、意外に身近な存在だったりします。

アーユルヴェーダは基本的に、”自然のリズムで生活をし、自身の本来持っている力を引き出す”という考えで、とてもシンプルなものです。

アーユルヴェーダ式ヨガ

アーユルヴェーダ式ヨガ「春」

ついつい食べ過ぎてしまった冬。冬の味覚には油分(水)のあるものが多く、摂取しすぎてしまうことによって、春はだるさが抜けにくかったり、眠気が取れにくいことがあります。
また、鼻炎になるのもこの季節の特徴です。

そんな春におすすめなのが、胸を開くポーズで、
3月~5月のレッスンでは、「胸を開き、気持ちを前向きに!」をテーマにしたシークエンスを考えております。

また、鼻炎改善に効果があるポーズも行います。

3~5月【春】

<アーユルヴェーダ式>春のアロマベーシックヨガ(体幹強化)

春(3月~5月)のテーマ「胸を開き、気持ちを前向きに!」に加え、体幹強化を目指したシークエンスになっております。

心と体はリンクしており、体が安定することで、自然と心も安定しメンタル強化にもつながります。

また、今回は運動量多めで、美脚やダイエットにも効果的!消化不良にもなりやすい梅雨や夏が来る前に、運動を心がけることで不調も軽減させましょう!

<アーユルヴェーダ式>春のアロマリラックスヨガ(骨盤調整)

春(3月~5月)のテーマ「胸を開き、気持ちを前向きに!」に加え、特に、骨盤にフォーカスを置いたシークエンスになっております。

立ち方や歩き方、座り方のクセなどで歪みやすい骨盤をしっかり安定させて、ゆがみを解消しましょう!

また、1つずつのポーズを数呼吸キープし、疲れやストレスを緩和させることで、頭(脳)を落ち着かせ休ませましょう。

頭(脳)が楽になると、心も穏やかになり体の緊張もほどけてきます。心身共に疲れにくい身体を作りましょう!

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダ式ヨガ「梅雨・初夏」

雨が特に多いこの季節は体が重だるくなってしまったり、消化不良にもなりやすいです。

そんな梅雨・初夏におすすめなのが、春に引き続き胸を開くポーズ、そしてねじりのポーズで、
6月~7月のレッスンでは、「ねじりのポーズで腸活!」がテーマです。

少し汗ばむくらいに体を動かし不調知らずの身体を目指しましょう!

6~7月【梅雨・初夏】

<アーユルヴェーダ式>梅雨・初夏のアロマベーシックヨガ(くびれメイク)

梅雨・初夏(6月~7月)のテーマ「ねじりのポーズで腸活!」の通り、ねじりのポーズをいくつか含んだシークエンスになっています。

ねじりのポーズは美しいくびれを作るのに効果的で、また内蔵機能も高めてくれます。

第二の脳と言われている腸を活性化し健康で美しい身体を目指しましょう!

<アーユルヴェーダ式>梅雨・初夏のアロマリラックスヨガ(美姿勢)

梅雨・初夏(6月~7月)のテーマ「ねじりのポーズで腸活!」に加え、美しい姿勢を目指したシークエンスになっております。

雨の日が多く体が重だるく感じるこの季節、猫背になっていませんか?
背中や肩回り・股関節周りをゆっくりとほぐした後、背筋を強化するポーズも加え、正しい姿勢を目指します!

体だけではなく心も緩ませ、心地良い呼吸とともにリラックスしましょう。

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダ式ヨガ「夏」

火のエネルギーが強いこの季節は、代謝が促進され、体力が消耗するため、疲れやすくなります。

また、クーラーの効いた部屋で過ごし体を冷やし過ぎると、食欲が落ちる原因にもなります。

そんな夏におすすめなのが、梅雨・初夏にも取り入れたねじりのポーズで、
8月~9月のレッスンでは、「ねじりのポーズで腸を刺激し、デトックス!」がテーマです。

たくさん体を動かし代謝をアップさせ、溜まった老廃物を排出&内臓や血管の働きを改善しましょう!

8~9月【夏】

<アーユルヴェーダ式>夏のアロマベーシックヨガ(ヴィンヤサデトックス)

夏(8月~9月)のテーマ「ねじりのポーズで腸を刺激し、デトックス!」の通り、ねじりのポーズを多く取ることで、デトックスを意識したシークエンスになっております。

ヴィンヤサとは呼吸に合わせたフローです。ヨガの基本的なシークエンス「太陽礼拝」を基本に、夏おすすめのポーズを行います。老廃物の排出を促し、筋力アップ&ダイエットにも効果が期待できる内容となっています!

<アーユルヴェーダ式>夏のアロマリラックスヨガ(リンパケア)

夏(8月~9月)のテーマ「ねじりのポーズで腸を刺激し、デトックス!」に加え、リンパのケアを行います。

体に溜まった余分な水分や老廃物などを運んでいる、リンパの流れを良くすることで、むくみが改善されることはもちろんのこと、疲労回復、免疫力アップの効果も期待できます。

また、神経の緊張がほぐれ、リラックス効果もあります。

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダ式ヨガ「秋・冬」

厳しい暑さから解放される秋~冬。芸術的意欲がでますが、情緒不安定になりやすい季節。気候が変化しやすく、風邪や扁桃腺炎などにもなりやすい時期です。

また、消化力が高まり食欲も旺盛になってきますので、食べ過ぎには注意が必要です。

そんな秋・冬におすすめなのが、リラックスポーズで、
10月~2月のレッスンでは、「無駄な力は抜き、意識的にリラックス」がテーマです。

無駄な力が加わっていないか内側の眼で観察し、呼吸の音を聞きながら丁寧にポーズを取っていきましょう!

10~2月【秋・冬】

<アーユルヴェーダ式>秋・冬のアロマベーシックヨガ(集中力アップ)

10月~2月のテーマである「無駄な力は抜き、意識的にリラックス」しながらご自身の中心軸を感じることで、ポーズが安定し、心も安定します。
また、バランスのポーズで揺れてしまう場合は、ご自身の呼吸の音を聞くことでもバランスが取りやすくなり、リラックス効果も高まります。

少し難しいポーズにも挑戦しますが、どんなポーズでも呼吸が深く入る位置でポーズを安定させて、集中力アップにつなげます!

<アーユルヴェーダ式>秋・冬のアロマリラックスヨガ(心身すっきり)コース

10月~2月のテーマである「無駄な力は抜き、意識的にリラックス」しながら、手足・足先も含めた全身をストレッチしたり、ゆったりとしたフローヨガも含めたシークエンスとなっています。

寒さが厳しくなると足が冷えて眠れないという方も多くいらっしゃると思います。深い呼吸と共に心地良く体を動かすことで、身体を温め、深い眠りへ導いていきましょう。深い眠りから覚めると、心も体もすっきりと感じられると思います^^

アーユルヴェーダとは